首イボ ピーリング 

首イボのピーリングの効果はどうなの?メリットデメリットを解析!

首イボをピーリング

 

気になる首のイボを取るのに、効果的なケアのひとつとして挙げられるピーリング。

 

これは、加齢や代謝の悪化によって古い角質が溜まってできた首のイボを、ピーリングで取ってしまう方法です。

 

効果の点では首イボ取りに適した方法ですが、同時にリスクもあります。

 

ここでは、首イボのピーリングにおけるメリットとデメリットに注目して解説していきます。


 

首イボピーリングのメリットとは

首イボをピーリングのメリット

 

ピーリングの一番大きなメリットは、その場で首や顔についている角質が取れることです。

 

そもそも首イボは、紫外線の影響や加齢などによって肌の働きが低下し、古い角質が残って硬化してしまうことでできます。

 

ピーリングは、この古い角質を除去してくれるので、イボを取ることができるのです。

 

数ある首イボケアの中でも、もっとも直接的で、すぐに効果を実感しやすいと言えると思います。

 

首イボピーリングのデメリットとは

ピーリングが効果的なイボ

 

首イボに効果的なピーリングですが、ピーリング自体がまた首イボの原因になってしまうというリスクがあります。

 

デメリットとして挙げられるのは、

 

  • 肌に刺激を与えてしまうこと
  • 角質を過剰に除去してしまうこと

 

の2点です。

 

ピーリング剤の粒子は荒く大きいので、肌への刺激が強く、肌の機能を低下させてしまいます。

 

肌の機能が下がると、角質を排出する肌のターンオーバーの周期が乱れる原因にもなりかねません。

 

そして、これはまたイボを作ってしまう原因にもなります。

 

また、角質をきれいに除去しすぎるため皮膚が薄くなり、紫外線などへのバリア機能が低下して、影響を受けやすくなります。

 

つまり、首イボをピーリングで除去できたとしても、その後のケアを怠ればまた再発しやすくなるということです。

 

ピーリングというケアは、メリットがあるもののデメリットも非常に大きい方法なんですね。


 

首イボのピーリングに配合されている成分

ハトムギ杏

首イボ用のピーリング剤には、「あんず(杏仁)エキス」、もしくは「ヨクイニン(ハトムギ)エキス」が配合されています。

 

これらの成分はイボに効果があるとされており、ピーリング剤以外に、イボ用のクリームにも使われています。

 

とくにヨクイニンエキスは古くからイボに効くとされており、市販の薬や処方薬にも使われている成分です。

 

首イボをピーリングで取る場合は、これらのいずれかが配合されているピーリング剤を使うのが一般的です。

 

ピーリングは顔や首の小さいイボに有効

ピーリングが効果的なイボ

 

ピーリングが効果的なのは、顔や首にできる老人性のイボの中でも、小さいイボです。

 

詳しく言うと、皮膚から飛び出している「スキンタッグ」や、平べったい「アクロコルドン」と呼ばれる小さいイボです。

 

なお、1pを超えるような「軟性線維腫」と呼ばれる大きなイボには、ピーリングの効果はありません。

 

このイボの場合は、皮膚科に相談して除去してもらうしかありません。

 

なお、前述のデメリットも承知でピーリングをおこなう場合は、ケアの後にクリームを使った肌のお手入れを続けましょう。

 

クリームでケアをして肌のターンオーバーの周期を整えることで、首イボの再発を防止することができます。

 

また、ピーリング後の肌は皮膚が薄くなっているので、紫外線対策もしっかりおこなう必要があります。

 

ピーリングよりおススメのケアはジェルやクリーム

ここまで首イボに対するピーリングについて紹介してきましたが、よりおススメなのはイボ取りのジェルやクリームを使ったケアです。

 

首イボ取り専用のクリームは、ヨクイニンエキスやあんずエキスが入ったものがおすすめです。

 

乱れてしまった肌のターンオーバーの周期を整えて、古くなった角質を排出してくれます。

 

肌に合わないかもしれないというリスクはあるものの、クリームはピーリングのような大きな肌へのダメージはありません。

 

また、イボを作る原因を根本から改善していくので、イボが繰り返し再発するということもありません。

 

最初にクリームでケアをして、どうしても改善しない場合に、最終手段としてピーリングも検討してみるといいかもしれませんね。

 

もちろん、病院に行って施術を受けるのが一番確実ですが、自宅でどうにかしたいという場合もあるでしょう。

 

とくに、痛みのある治療や跡が残るのが嫌だという方にもイボケアクリームはおススメです。

 

\イボケアのクリームはこちらがオススメ/


page top