【ネオわらびはだ】と【わらびはだ】の違いと正しい選び方とは?

わらびはだ

 

『ネオわらびはだ』は『わらびはだ』のリニューアルバージョンなの?

 

この二つの商品について、こんな風に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、実はネオわらびはだとわらびはだは、含まれている成分やその効果が異なるそれぞれ全く違った商品となっています。

 

そこでここでは、ネオわらびはだとわらびはだの違いやそれぞれの使用方法、また含まれている成分などについて詳しく見ていきたいと思います。


目次

【ネオわらびはだ】と【わらびはだ】の違いとは?

ネオわらびはだとわらびはだの違いについて詳しく見ていきましょう。

 

ネオわらびはだ

ネオわらびはだ

 

ネオわらびはだには美容整形クリニックで注射を受けた場合と同等のシワ改善効果があるネオダーミルが含まれます。

 

ネオダーミルは、体内のコラーゲンとエラスチン生成に欠かせない美容成分が配合されています。

 

またネオわらびはだはプラチナポーションという特殊なナノテクノロジーを世界で初めて採用したオールインワンジェルです。

 

プラチナコロイドという膜にこのネオダーミルを閉じ込め、ナノサイズというごく小さなサイズにすることにより、肌の奥深くまで成分を浸透させることが可能となっています。

 

その他にも、塗るボトックスともいわれるシンエイクやアンチエイジング効果が期待できる美容成分が多く配合されており、シワやほうれい線など多くの女性が持っている悩みを解決してくれます。

 

肌のシワを改善し若返りを目的とするなら「ネオわらびはだ」がおすすめです。

 

 

わらびはだ

わらびはだとは

 

わらびはだには、ノーベル賞を受賞したEGF(ヒトオリゴペプチド-1)という成分が含まれています。

 

EGFは元々医療の現場で使用されていた成分であり、火傷や傷などを負った際の肌の再生などに使用されていた大変優れた成分でもあります。

 

またイボケアに有効なハトムギ種子エキスが高濃度で配合されています。

 

その他にも、肌のターンオーバーを活発にする成分が豊富で、肌のごわつきやポツポツを改善し、肌を若返らせることができます。

 

肌のポツポツや角質をケアし、綺麗な陶器肌になりたい人には「わらびはだ」がおすすめです。

 

 

使い心地を比較

ネオわらびはだとわらびはだは見た目やテクスチャの感じはかなり異なります。

 

それぞれ比較してみました。

 

ネオわらびはだ

ネオわらびはだテクスチャ

 

白色でこってりしたテクスチャです。肌がぴんとなってハリをだしてくれます。

 

香りはわらびはだより少し強めでドグダミのような独特な香りです。

 

わらびはだ

わらびはだテクスチャ

 

薄い黄色のみずみずしいジェルでぷるぷるのテクスチャです。使い心地はさっぱりしています。

 

香りはシークワーサーの爽やかな香りがかすかにします。

【わらびはだ】と【ネオわらびはだ】の口コミ評判を確認!

「わらびはだ」と「ネオわらびはだ」を実際に使った口コミをそれぞれ確認してみましょう。

 

ネオわらびはだの口コミ

いつもカサカサ肌、特によく動く口の周りが化粧ノリも悪い乾燥肌の私でしたが少量塗っただけでもっちりになりました。
つっぱっている事も多かったですがそれもなくなりました!
化粧のノリも良くなりますよ!


 

お肌にのせるとスルスルッとお肌の中に浸透していくのを感じます!
初日でもお肌のトーンがあがりふっくらしました。現在使いはじめて数日経ちますが、お肌のトラブルもなく使用できています。
ふっくらするからか私はほうれい線が薄くなってきたように思います。


ネオわらびはだはアラフォーアラフィフのユーザーからの支持が強く、老けない!という声がありました。

 

肌のハリやシワの具合が変わって来たという声が多かったです。

 

わらびはだの口コミ

使いだして一か月、毎日ではありませんが、寝る前に付けて寝ています。
首回りのイボが気になり購入しましたが、大きいイボが一つ無くなりました。

 

敏感肌なので、なかなか合う物がないのでこの商品はダメもとで購入しましたが、特に問題なく使用できました。またリピートしたいと思います。


 

わらび肌は、顔のボツボツのために購入しましたが、しみソバカスまで1〜2週間で薄くなってきました。
ビタミンのせいでしょうか?ジェルなので、肌に負担もかからないようで、肌の調子が良好です。


わらびはだは顔のぽつぽつやイボが改善した、きれいになったという声がありました。

 

イボ以外にもしみなどへの美白効果を感じたという意見や肌が乾燥しなくなったという意見も多かったです。

 

【ネオわらびはだ】と【わらびはだ】使用方法は?

ネオわらびはだとわらびはだは、どちらも基本的な使用方法に違いはありません。

 

またどちらもオールインワンジェルなので、手軽に肌ケアを行うことができます。

 

以下では、簡単にその使い方について説明していきたいと思います。

 

わらびはだとネオわらびはだの使い方

 

まずは準備としてメイクや肌の汚れなどを洗顔してしっかり落として使います。

 

ジェルを手にとる

大体さくらんぼ1個分程度のジェルを手に取ります。
この時肌の状態により、量を調整してください。

 

ジェルをのばす

おでこや両頬、鼻や顎、首やデコルテなど気になる箇所にジェルを付けます。

 

なじませる

顔の外側や首のジェルは下側に向けて、またデコルテは外側に向けて優しくなじませるようにジェルを顔全体に均等に伸ばしていきましょう。
この時顔をマッサージしながら塗ると、より効果的ですよ。

重ね塗りする

気になる部分には重ねて塗ると効果も高まります。

 

【ネオわらびはだ】と【わらびはだ】に含まれている成分は?

「わらびはだ」と「ネオわらびはだ」の成分を詳しく比較してみました。

 

ネオわらびはだ

ネオわらびはだの全成分表示はこちらになります。

 

水、アーモンド油、グリセリン、メチルグルセスー20、BG、ペンチレングリコール、メチルグルコシドリン酸(リシン/プロリン)、銅、加水分解卵殻膜、ヒアルロン酸Na、パルミチン酸エチルヘキシル、ジメチルシリル化シリカ、カプリリルグリコール、ヘキシレングリコール、リンゴ果実培養細胞エキス、キサンタンガム、レシチン、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、カラスムギ穀粒エキス、加水分解コラーゲン、白金、炭酸水素ナトリウム、アルブチン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム、プラセンタエキス、メロン胎座エキス、アセチルチロシン、ボタンエキス、クズ根エキス、マグワ根皮エキス、褐藻エキス、シークヮーサー果皮エキス、アセロラ果実エキス、アロエベラ葉エキス、ヨクイニンエキス、オクラ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヘチマエキス、ノバラ油(エイコサン二酸、テトラデカン二酸)、ポリグリセリン−10(アグリロイルジメチルタウリンアンモニア、VP)コポリマー、(PEG−240、デシルテトラデセスー20、HDI)コポリマー、フェノキシエタノール

 

その中でも注目成分は以下になります。

 

ネオダーミル(メチルグルコシドリン酸)

ネオわらびはだの主成分であるネオダーミルは、2012年に初めて採用された新しい成分です。

 

紫外線などの外部からのダメージや年齢を重ねることにより肌細胞が衰えていくと、肌のコラーゲンが減少しタンパク質を生成する機能も失われていきます。

 

そうすると肌は本来のハリや弾力が低下し、シミやシワもできやすくなってしまいます。

 

ネオダーミルは、コラーゲンやエラスチンの生成を促すエイジングエアに最適の美容成分です。

 

このネオダーミルにより、肌細胞を健康に保つために欠かせないコラーゲンなどが増加し、肌にハリをあたえてくれます。

 

シンエイク(ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド)

眉間や目尻などにできる表情シワに対して効果を発揮するのが塗るボトックスともいわれるシンエイクという成分です。

 

また保湿性にも優れていますので、肌の乾燥によるシワに悩まされている方にもおすすめです。

 

加水分解ナノコラーゲン

保湿力が高く、肌の内側から潤って調子を整えてくれます。

 

リンゴ果実幹細胞エキス

肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。

 

卵殻膜エキス

肌のハリを保つのに必要な成分の生成を促進してくれます。

 

美白成分

ネオわらびはだにはアルブチンやソウハクヒエキス、褐藻エキスなどの美白成分も豊富に含まれていますので、シミ予防やシミを薄くする効果、またシワにも高い効果を発揮します。

 

沖縄のオーガニック成分

沖縄の自然由来の成分であるアロエベラエキスやへちまエキス、オクラエキスなどが含まれており、肌にハリと弾力をを与えてくれます。

 

わらびはだ

わらびはだの全成分表示はこちらになります。

 

水、BG、グリセリン、エタノール、スクワラン、ホホバ種子油、ユビキノン、セリン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、シイクワシャー果皮エキス、アセロラ果実エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス(馬)、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、キサンタンガム、水添レシチン、コレステロール、ココイルサルコシンNa、フェノキシエタノール、オクラ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヘチマエキス、オリゴペプチド-24、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、HEDTA-3Na、エチルヘキシルグリセリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリ

 

その中の注目成分は以下になります。

 

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)

ノーベル賞を受賞したこともあるこの成分は、元々はやけどした際の肌の再生などに利用される医療の現場で利用されてきた成分であり、高い効果の期待できる美容成分でもあります。

 

人が本来持っている肌細胞の再生能力を引き上げてターンオーバーを正常化して、肌をよみがえらせます。

 

ハトムギ種子エキス

美肌を保つためには必要不可欠な成分であり、イボといった肌トラブル対策に適しています。

 

ネオわらびはだにも「ヨクイニンエキス=ハトムギ種子エキス」は含まれますが「わらびはだ」はより高濃度に配合されイボケアに特化しています。

 

ヒアルロン酸

保湿力優れた成分であるヒアルロン酸は、肌の内側に必要な成分をキープする働きがあります。 

 

馬プラセンタ

肌を健康に保ち、美肌を作るために欠かせない必須アミノ酸や酵素、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。

 

沖縄のオーガニック成分

自然豊かな沖縄の土地で育った植物から由来の成分であるアロエベラエキスやへちまエキス、オクラエキスなどが豊富に含まれており、肌にハリをもたらします。

【ネオわらびはだ】と【わらびはだ】のコストを比較

「ネオわらびはだ」と「わらびはだ」は現在公式サイトで定期便初回80%オフのキャンペーンをやっています。

 

ネオわらびはだの最安値キャンペーン

 

わらびはだの最安値キャンペーン

 

内容量や割引率も同じですが「わらびはだ」の方にはフェイスマスクのオマケがついてくるので少しお得です。

 

ただどちらもキャンペーン適応は先着1111名までなので人数に達した場合キャンペーンは終了する可能性もあります。

 

気になる人は早めにキャンペーンページをチェックしてみてくださいね。


 

まとめ

ネオわらびはだとわらびはだは、それぞれ含まれている主成分に大きな違いがあります。

 

  • 肌のシワ対策を集中的に行いたいという方⇒ネオわらびはだ
  • 乾燥肌や肌にできるポツポツを改善し、肌のターンオーバーを正常化し若々しい肌を保ちたいという方⇒わらびはだ

 

ネオわらびはだとわらびはだには、どちらにも沖縄の植物から抽出された自然由来の成分が多く含まれています。

 

一年中温暖な恵まれた気候の中で育った沖縄の植物には、抗酸化作用や抗紫外線対策に最適な成分がたっぷり配合されています。

 

また天然の成分を使用しているので、敏感肌や乾燥肌の方も安心して使うことができます。

 

それぞれの肌の悩みに合わせて二つの商品をうまく使い分ければ、理想的な肌を手に入れることができますよ。


 

わらびはだ、ネオわらびはだをそれぞれお試しした私の口コミレポもあるので参考にしてみてくださいね♪

 

イボに悩んでいたまず「わらびはだ」で高い効果を感じました。

 

シワやシミに「ネオわらびはだ」もお試ししてみました。

 

関連ページ