デコルテのケアで綺麗な首元に!ぶつぶつやニキビをなくそう!

「デコルテ」ってよく聞くけど、どこを指すの?なんとなく首のあたり?とぼんやりとしか理解していない人もいると思います。

 

デコルテとは、もともとフランス語で「襟ぐり」を指す言葉です。
具体的には、首から胸元にかけての部分(鎖骨・肩・うなじから背中にかけて)のことを指します。

 

デコルテのなめらかなラインは、女性らしさや色気のある美しさを感じる事ができるため、きちんとケアして美人度をグッと上げちゃいましょう^^

 

デコルテは、どうしてケアが必要なの?

ドレスでデコルテみせ

 

女性らしいファッションを楽しもうとすると、どうしてもデコルテを露出させる機会が増えます。

 

しかし、デコルテ部分は実は肌トラブルが起きやすく、なかなか自信を持って見せるには勇気が必要な部分でもあります。

 

では、どうしてデコルテは肌トラブルが起きやすくケアが必要なのでしょうか?

 

もともと皮膚が薄い

実際に鎖骨のあたりを触るとわかりやすいかと思いますが、実はデコルテ部分の皮膚はとても薄いんです。

 

皮膚が薄いという事は、外的刺激からダメージを受けやすく、また乾燥もしやすいのです。

 

ここで、皮膚が薄い部分はどんな肌トラブルが起きやすいのかを具体的に見てみましょう。

 

  • シミ・そばかす
  • しわ、たるみ
  • ニキビ

 

顔用のスキンケア製品の使用方法の箇所に、顔だけではなく首やデコルテまでつけるように書いてあるものが多くあります。

 

それは、デコルテ部分も顔と同じくらいにデリケートであり、顔と同じようなケアが必要だという事なんですね。

 

しわが出やすい

首や手は年齢が出やすいと聞いたことはありませんか?

 

デコルテ部分は、年齢とともに着実にしわやたるみが出てきやすい部分です。
しかし、なかなかケアしている人が少ない部分でもあります。

 

首に負担がかかる姿勢や寝方をしている人ほど、皮膚や筋肉が酷使され しわやたるみが出やすいと言えます。

 

全然気にしないで生活していると見る機会も少ないデコルテですが、気が付いたら深いしわや線が・・・!というケースも多いようですよ。
気をつけましょう。

 

デコルテケアの基本は?

皮膚が薄くてシミやそばかすがでやすい、そして年齢とともにしわやたるみに悩まされる・・・これは顔の肌の特徴と似ていますよね?

 

ですから、デコルテケアの基本は「顔と同じようにスキンケアをしっかり」してあげることです。

 

洗顔から保湿までの顔だけにしていたスキンケアを、デコルテ部分までしてあげましょう!

 

洗顔はデコルテまで

デコルテまで洗顔

 

毎日の洗顔の際、顔と同じ洗い方でデコルテまで洗いましょう。

 

皮膚の薄いデコルテも顔のように毎日古い角質を取って清潔にしないと、古い角質や油分が原因でニキビや吹き出物、シミなどが出来てしまいます。

 

また、体のようにゴシゴシ擦ったりして強く洗ってしまうと、摩擦の刺激からしわやたるみを招いてしまいます。
顔を洗うのと同じように、よく泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう。

 

ここで、おすすめの洗顔方法を紹介します。

 

  1. 洗顔石鹸や洗顔料をもちもちの細かい泡になるまでよく泡立てます
  2. 泡を手と肌の間に挟むようにして円を描くように優しく滑らせます
  3. ぬるま湯でたっぷりとすすぐ

 

この洗顔方法で、デコルテまで洗ってみてくださいね^^

 

スキンケアもデコルテまで

デコルテもスキンケアしよう

 

皆さんは洗顔後、顔にはスキンケアとして化粧水や美容液、乳液やクリームなどを使うと思います。
それらのスキンケアもデコルテまでつけてあげてください。

 

デコルテだけ別のケアをしようとすると面倒くさいかも知れませんが、顔のついでに同じものをデコルテまで伸ばしてあげればいいだけです。

 

ボディ用のものよりも顔用のものの方がデコルテケアには向いています。
肌の深くまで潤いを届けて、乾燥やしわを防いでくれます。

 

少し時間や気持ちに余裕のある時は化粧水をコットンパックで良くしみこませるのも効果的です。

 

紫外線対策もデコルテまで

デコルテも紫外線ケア

 

毎日顔には日焼け止めを塗りますよね?

 

デコルテも露出していれば同じように紫外線を浴びます。
そして、皮膚が薄いので紫外線の影響が出るのが早く、すぐにシミや乾燥のトラブルが出てきます。

 

顔に日焼け止めを塗る際に、同じようにデコルテにも塗りましょう。
特に、髪をアップにする際は、首の後ろにも塗るのを忘れないようにしてください。

 

前より後ろの方が影にならず、紫外線を浴びやすいですよ。

 

デコルテケア用のクリームも

予防としてケアする際は、洗顔や基礎化粧品を顔と一緒にケアすればいいでしょう。

 

しかし、すでにしわやたるみが気になっている人は、デコルテ専用のクリームなども販売されています。
おすすめの成分は、

 

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC 誘導体
  • コラーゲン

 

などです。

 

水分を補って、ハリとツヤを与えてくれますよ。
これらの成分がたっぷり入っているものを選びましょう。

 

保湿成分の他に、角質除去成分やバリア機能を高める成分なども効果的ですので、自分に合った効果の期待できる成分が配合されているか、きちんとチェックしてから選びましょう。

 

まとめ

デコルテの美しい人は、柔らかさ・しなやかさ・清潔感など女性らしい印象を与え、「美人」な印象も与える事が出来ます。

 

デコルテがキレイだと、相乗効果で顔もより美しく見えるそうです。
確かに、デコルテが白く輝き光を反射すると顔色もよく見え、顔の印象も華やぎますよね。

 

暖かくなると露出が増えるので、足や腕のケアに気を付ける人も増えてきます。
ぜひデコルテも忘れずにケアして、美人度をアップさせちゃいましょう!


 

\デコルテケアにおすすめ/

デコルテのケアにおすすめわらびはだ