首イボ 皮膚科

皮膚科で治療が必要なイボの種類は?手術方法も確認!

ウイルス性のイボはしっかりと皮膚科で治療する必要があります。
主な治療方法は以下のようなものがあります。

 

「イボ」ってなに?どんな種類があるの?

イボにはどんな種類がある?

 

「イボ」というのは、皮膚から盛り上がっている出来物を指す俗語です。

 

大きく分けると、ウイルス性(ウイルス性疣贅(ゆうぜい)・水イボ 等)と、非ウイルス性(老人性イボ・スキンタッグ・脂漏性角化症等)に分かれます。

 

「イボ」は、顔、指、足の裏、首、陰部など、いろいろな場所にでき、その種類によって治療法も異なります。

 

ウイルス性のイボの種類

ウイルス性のイボは子供にできやすく、「ヒトパピローマウイルス」の一種が傷口などから感染し増殖しイボを作ります。

 

100種類以上のウイルスがあり、その種類によって症状も変わってきます。

 

ウイルス性なので感染しますが、健康で正常な皮膚には感染しません
ウイルス性のイボには、次のような種類があります。

 

尋常性疣贅

小さい傷口などから感染する、子供に多いイボです。
ケガをしやすい手や足の関節や末端によく見られます。

 

悪性ではないので特に治療はしませんが、見た目が気になったり手足の指を動かす際に支障があるなどした場合は治療をします。

 

軟属腫疣贅

青年期に多いため、別名「青年性扁平疣贅」とも言われています。

 

イボの先が平らなのが特徴で、女性に多く見られます。
顔に出来ることが多く、比較的難治性なイボです。

 

足底疣贅

名前の通り、足の裏に出来るイボです。

 

表面がザラザラして白っぽく、硬いのが特徴です。
ヒトパピローマウイルス1型の感染が原因です。

 

尖圭コンジローマ

若い世代に多く見られる、男女ともに性器の外側に出来ることが多いイボです。

 

痛みやかゆみを伴わないことが多いので、気づかないうちに感染が広がる可能性があります。
ヒトパピローマウイルス6型・11型の感染が原因の性感染症です。

 

ウイルス性のイボの治療法

皮膚科でのイボ治療

 

ウイルス性のイボの治療法には以下の方法があります。

 

液体窒素

−196度の超低温の液体窒素を綿棒などに染みこませ、幹部を急激に冷やしウイルス感染した細胞などを壊死させる方法です。

 

薬品塗布

痛みを伴う液体窒素での冷凍凝固療法が不可能な人や子供に適した方法で、薬品を幹部に塗布して皮膚を腐食させていく方法です。

 

水イボの種類と治療法

表面がツルツルしていて光沢があるのが特徴のイボで、伝染性軟属腫と呼ばれるウイルスの感染により出来ます。

 

少しかゆみを伴うことがあり皮膚が乾燥しているとできやすく、子供同士でうつしあうことも多いです。

 

このウイルスに対する免疫が出来ると感染しなくなります。
そのため放置してもよいという意見もありますが、感染部位の拡大や他の人にうつしてしまう可能性があるため、早めの治療をおススメします。

 

治療法は、以下の三つです。

 

  1. リングピンセットで水イボをつまみ、ウイルスの塊を取り出す
  2. 冷凍凝固療法
  3. 薬品塗布

 

非ウイルス性のイボで多いもの

非ウイルス性のイボには以下のものがあります。

 

首のイボ

首イボ

 

首によく出来るイボの多くは、非ウイルス性のアクロコルドンと呼ばれるものです。

 

中高年以降に出来やすいですが、まれに20代で出来ることもあります。

 

脂漏性角化症

顔にできるポツポツのいぼ

褐色調の表面がザラザラしたイボで、顔 頭部 前胸部 背部に多く見られます。

 

20代から出来だして増えていき、80歳以上の高齢者ほぼ全員に見られます。
かゆみを伴うこともありますが、そんなに頻繁にではありません。

 

まとめ

以上、イボの種類と治療法について紹介しました。

ウイルス性や水イボの場合はすぐに皮膚科に行って治療をしてもらいましょう。


 

脂漏性角化症などの美容目的のいぼは、保険診療外に治療になりますし、凍結やレーザーなどの治療は抵抗がある方もいるかもしれません。

 

お肌をしっかりとターンーバーさせて日常習慣に気をつけていれば治る可能性もあるのでまずは自宅でケアしてみるのも手です。

 

ウイルス性以外のイボケアには首や全身のイボケアができる「わらびはだ」がおすすめです。

 

イボ治療に有効なヨクイニンや保湿成分がたっぷり配合されているので効果も期待できます。

 

page top