わらびはだの注目成分【EFG】の効果とは?

EFG成分

 

最近、化粧品の成分で「EGF」というものを耳にしませんか?
CMや広告、売り場などで目にすることもあるかと思います。

 

今回はわらびはだでも注目の「EGF」が、いったいどんな成分でどんな働きがあるのかを紹介します!

 

美容成分「EGF」って何?

EFGとは

 

EGFというのは、「Epidermal Growth Factor」の略で、日本では「上皮成長因子」や「細胞再生因子」などとしても知られています。

 

EGFは、唾液や母乳にも含まれるたんぱく質の一種で、もともと体内に存在しています。

 

体の表面にある細胞を活性化して細胞分裂を促し、どんどん新しい細胞を作り出したり、傷ついた細胞を修復したりする働きがあります。

 

肌の健康には欠かせない成分なのですが、残念ながらEGFの分泌量は赤ちゃんの頃をピークに25歳ごろから加齢とともに急激に減少していきます。

 

EGFと同じように、肌の健康を保つたんぱく質(ヒアルロン酸やコラーゲン等)の生成能力も加齢とともに低下します。

 

このように年齢を重ねると代謝が落ちて肌老化が進むので、「シミ・しわ・たるみ・くすみ」などの悩みが出てくるんですね。

 

「EGF」の効果とは?

EFGで生まれ変わる肌

 

この成分、実はもともと医療機関で、火傷やけがの治療に使われていたんです。

 

皮膚の再生する力を助けるので、手術後の傷の回復を早めたり、皮膚移植の現場などでも使用されていました。

 

肌に塗布するだけでEGFが表皮細胞に指令を出して、肌の生まれ変わりを促進してくれるんです。

 

肌のターンオーバーが整うと、古い老廃物が原因のシミやくすみ・ごわつきも解消されますし、吹き出物や毛穴の開きなど、肌のありとあらゆるトラブルの改善が期待できるという事です。

 

新しい細胞が生成されれば、キメ細かい滑らかな肌も戻ってくるでしょう。

 

女性は特に年齢を重ねると、肌の悩みが増えて鏡を見るのが嫌になってくる人もいると思います。
しかし、一つ一つの悩みに合わせて化粧品を買っていては大変です。

 

肌老化を気にする人にとって、より多くの悩みに対応できる成分はとても魅力的ですよね。

 

「EGF」と「FGF」の違いは?

EFGとFGFの違い

 

「EGF」の話をずっとしていますが、実は似たもので「FGF」と言うものがあります。

 

「FGF」は、線維芽細胞増殖因子とも言って、「EGF」と同じように細胞の修復や成長を促す因子ですが、働きかける場所が異なります。

 

  • 「EGF」・・・上皮細胞に働きかけ表皮に効果
  • 「FGF」・・・線維芽細胞に働きかけ真皮に効果

 

ということで、「FGF」は肌のより深い場所でコラーゲンやエラスチンなどの生成を促し、肌の弾力やしわの悩みなどに効果を発揮します。

 

「EGF」配合の化粧品の選び方

EFG化粧品

「EGF」という成分の効果は科学的に実証されています。
しかし、「EGF配合」と書かれているからと言って、すべてが同じように効果があるとは言えません。

 

品質や配合量は化粧品によって異なりますので、効果の期待できない化粧品を選ばないように、注意しなければなりません。

 

「EGF配合」と謳っていても、EGFと似た効果を得られる別の成分を配合していたり、配合量がとても微量という事もあります。

 

購入する際には、必ずパッケージ裏の配合成分を確認しましょう。

 

尚、成分表では、

  • 「EGF」は、「ヒトオリゴペプチド−1」
  • 「FGF」は、「ヒトオリゴペプチド−13」 

などと記載されていることが多いです。

 

わらびはだに配合されているEFG

わらびはだのEFG表示

水、BG、グリセリン、エタノール、スクワラン、ホホバ種子油、ユビキノン、セリン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、シイクワシャー果皮エキス、アセロラ果実エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス(馬)、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、キサンタンガム、水添レシチン、コレステロール、ココイルサルコシンNa、フェノキシエタノール、オクラ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヘチマエキス、オリゴペプチド-24、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、HEDTA-3Na、エチルヘキシルグリセリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリ

 

わらびはだのEFGの表示は「ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1」となります。

 

成分表示順に配合量が多いのでわらびはだのEFG成分はしっかり入っていることがわかりますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

もはや高級エイジングケア化粧品の常識にもなってきているEFGの効果についてお伝えしてきました。

 

EFGにはお肌を蘇らせてくれる助けをしてくれるので老人性のイボケアには嬉しい成分です。

 

わらびはだのイボ特化成分の「ヨクイニン」と合わせてより効果的にイボや角質をケアしちゃいましょう。

 

関連記事