すぐにお金借りるには 来店不要即日融資可能な金融機関とは

金利

金利とは、お金を借りる利息、つまり、金融機関等が融資するときの金利(貸付金利)を指します。

 

この金利は、その際の借入契約 金銭消費貸借契約で設定された利息割合です。

 

また、この金利水準は、法定利息により「実質年率」を用いることとされています。

 

金利には、「固定金利」と「変動金利」とがあります。

 

固定金利:借入れ条件で設定された期間で、固定に設定された金利をいいます。

 

       その設定期間は、3年、5年、10年、返済完了までの期間等があります。

 

       金融機関の設定では、変動金利に比べて高めの利子利率になる傾向があります。

 

変動金利:長期金利を参考に各金融機関が独自の設定で年度毎に利率を決める金利のことをいいます。

 

       従って、この変動金利は、長期金利(国債利回りなど)の変動で増減するため、長期金利が低迷の

 

       ときは、金利が低く抑えられ、逆に上昇のときは増大します。 結果的に、金利の上昇時は金利上昇分だけ

 

       支払い負担が増えることになります。

 

固定金利を選ぶか、変動金利にするかは、景気の動向、返済計画(短期か、長期か)、収入の将来的な見込み等

 

をシミュレーションした上で決断する必要があります。

 

シミュレーションは、各金融機関で様々な種類の融資パターンを用意しているので参考にしながら、借入れ金額、返済期間、

 

月額返済金額、...などなど条件をオンライン(ネット)で、または、店頭の担当者に相談しながら行うことができます。

 

何れにしても金利は、お金を借りる上で返済に関わる重要な項目になります。