すぐにお金借りるには 来店不要即日融資可能な金融機関とは

賢い返済方法 経費を見直す

固定費の削減

 

 無駄な固定費はありませんか?

 

 水道光熱費の節約、 新聞や雑誌の定期購読、スポーツクラブ、....など月額契約の見直しで出費

 

 を抑えることができます。

 

保険を見直す

 

 生命保険、損害保険、貯蓄性年金、..など必要最小限にするか、または、解約して返済を優先にするべきです。

 

 余裕ができたら、新たに加入を検討すればよいでしょう。

 

携帯などの通信費を見直す

 

 月額出費の中で携帯代の割合が大きければ見直しすべきです。

 

  • メールやウェブを止める⇒ネットを止める
  • 電話機能以外のサービスを止める
  • 携帯会社を変えて安い契約に切り替える
  • プリペイド型の携帯に切り替える
  • 携帯を止め、固定電話に切り替える
  • 携帯と固定電話の両方使用していれば固定1本にする
  • その他

 

 見直しには生活面でいろいろと制約がでてきますが、返済を優先することで

 

 少しでも出費を抑えることが大事です。

 

食生活を見直す

 

 外食を必要最小限にして自炊に切替え、出費を抑えましょう。衣食住の中で食は健康を

 

 維持するためにも大切な項目ですが、外食は楽な分出費が嵩みます。自炊に切り替えることで

 

 予算に合わせた食生活にすべきです。

 

車の売却

 

 自動車は、膨大な経費を発生させるためバカになりません。

 

 返済に窮しているのなら売却すべきです。

 

 自動車の経費を上げると

 

  • 保険代
  • ローン
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 車検代
  • その他雑費

 

 など。

 

 この経費を返済に当てるべきです。

 

家計簿を付ける

 

  いろいろと削減案を列記しましたが、特に需要なのは収入と出費で赤字にならないことです。

 

  その意味でも、月々の収入と出費を確認するために家計簿をつけることは賢明です。

 

健全な家計

 

  返済に窮した場合、毎月の家計を見直すべきですし、見直さなければなりません。

 

  家計簿を付けることで収入と支出を確認し、無駄な出費の削減、

 

  将来的に必要でも今はなくてよいもの(生命保険、損害保険、医療保険、その他)

 

  の解約、 などなどを見直し健全な家計にしましょう。

 

  これが賢明です。